神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 魅力のデザイナーズマンションに不動産投資する場合

魅力のデザイナーズマンションに不動産投資する場合

魅力的な不動産への投資


最近はOLやサラリーマンの方など、投資を行っている人が多くなっています。様々な投資商品が登場し、小さい金額から投資を始めることができるようになったので、みなさん多くの商品に目を付けて、投資を行っているのです。賢く情報収集しながら投資されている方は年々増加しています。
大きな金額がかかる証券による投資などは、ある程度勉強が必要だけれど、FXなどについては投資するにもそれほど費用がかからないなどから、手を出すこともできるようです。退職されてから不動産投資を行うという人も多くなっていて、例えば自分が暮らしてきた一軒家を賃貸にし、自分たちは中古マンションを購入してそこに暮らし賃貸収入を得るという人もいますし、マンションを購入してそこから賃貸収入を得るという人もいます。
不動産に投資する人たちもそれぞれで、賃貸収入で不労所得を狙うという人もいますし、また値上がりしそうなマンションを購入し、売却益でもうけるという本格的な不動産の投資を行っている人もいます。マンションを購入する際、魅力あるマンションを購入すれば、売却益を狙うということもできますし、またマンションを賃貸にする場合も魅力ある物件なら空き室も少なくなるので、家賃収入も効率よく得ることができます。
退職する前から不動産投資について学び、知識をしっかり得てからトライするという方も多くなっていて、こうした状態から投資を行っている方々の中でも今注目されている物件がデザイナーズマンションです。付加価値が高い、またここに暮らすことがステータスになると考える人も多く、購入して賃貸収入で暮らしたり、売却してさらにマンションを購入したりするという転売で売却益を出している方々も多くなっています。

不動産に投資するならよい物件探しが必要


退職されて退職金を利用して不動産の投資を始めるという方もいますが、実は若い女性など、OLたちも自分で貯金したりローンを組んだりして不動産を購入し、賃貸として貸し出して家賃収入を得るという方法を利用している方もいます。実は手元資金が少なくても、投資用の不動産を購入するという理由の場合、ローンを活用しやすく、少ない資金から始めることができるというのも大きなメリットとなります。最初から資金がかかりすぎるのは投資としても考えものです。
不動産の投資については他の金融商品と違い、高額な投資ということになります。手ごろな中古のワンルームマンションでも数百万、都内等なら一千万以上します。デザイナーズマンションは付加価値が高いということもあり、購入する時にはかなり経済的に負担と考えますが、ローンを利用できるため、それほど苦労はないでしょう。投資を対象とした資産価値のあるデザイナーズマンションなどなら投資用ローンも利用しやすく、手元に少額しかないという状態でも、しっかりと不動産投資を行うことが可能となるのです。
1,000万を貯金するよりも1,000万のマンションを手に入れる方が早いともいわれています。もちろん購入するマンションをどれにするのか、どの地域がいいのかなど、調べることが必要な事もたくさんありますが、少しずつ学んでいくことで不動産に強くなっていけますので、学びをしながら老後、豊かな生活を送るというのも素敵な事ではないでしょうか。特にデザイナーズマンションなどはこの先、価値が落ちないことが多いので、不動産の投資にはぴったりといわれています。

ここに入居したいと思う人が多いマンションとは


空室のリスクを減らす、これも不動産投資のテクニックとして必要な事ですし、賃貸収入をコンスタントに得る為に必要な事です。では空室リスクを減らしていくために最も必要な事は何かというと、それは入居者がここに入居したいと考える魅力的な物件を探すということです。例えばデザイナーズマンションなどは、今、不動産の投資を行っている方々に非常に人気があります。入居者を探す手間がいらないと思うくらいに、ここに暮らしたいと考える人が多いということで、人気が高いのです。
入居者がいないとなれば、その部屋からは家賃を得ることはできなくなりますし、空室が多ければ多いほど、入居される方も避けるようになります。ある程度埋まっている、今契約しないともう無理なのかも、と思うような物件であることが、投資商品として価値を持っているのです。
外観もほかのマンションとは全く違い、カッコよく個性的、内部も使い勝手が良くセンスもいい、個性が強調されていて、ここに友達をよんで自慢したいと思うような物件があります。デザイナーズマンションは、その物件をデザインしたデザイナーのこだわりが詰まっているので、他のマンションとは違い、魅力を高く感じる方が多いのです。
特に都市部ではハイセンスなワンルームに暮らしたいという人が多いので、こうしたデザインが美しく個性的なマンションはすぐに入居者が決まってしまうといわれています。少々家賃が相場よりも高くても、楽しく自慢できるマンションに暮らせるならこういう所がいいという方も多いので、不動産投資にぴったりの物件といえるでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。