神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 神奈川でも知らなければいけない地価のこと

神奈川でも知らなければいけない地価のこと



価値があるからこそ取引されるのが土地



土地というものは価値のあるものであるからこそ、取引もされていきます。主要都市では四半期ごとにその価値を調査していることも重要です。だれもが知ることができるものであり、神奈川県でも定期的に調査されている地域が存在しています。神奈川県の商業地としては、横浜駅西口やみなとみらい、元町、最近注目を浴びるようになった武蔵小杉などが知られているところです。

住宅地の場合には、商業地にプラスして都筑区センター南、川崎の新百合ヶ丘などが対象となっています。こうした土地の地価を見ていくことでさまざまなことが見えてくるため、不動産投資を考えている人などは、注目していかなければいけないことは間違いありません。

国土交通省による神奈川県の地価の評価からわかることは、上昇傾向にあるということです。再開発事業も盛んにおこなわれており、首都圏の中でも優秀な地価を持っています。たしかに、急上昇はしていませんが、緩やかな上昇が地域の発展を物語っていることも間違いありません。生活を考えた場合、利便性に優れた場所が多いことも要因です。住宅地域としての人気が高く、これから先も緩やかな上昇をみることは確かで、不動産投資にも有益な物件が多数存在しています。

起爆剤となるような要件があれば、もっと爆発的に伸びることも考えられるのですから、注目していかなければいけません。例えば、センター南の場合、住環境として優れておりマンションも好調な伸びを見せています。子育てという世代にとっても住みやすい場所になってくるからであり、こうした地域を多く抱えている神奈川県は不動産投資としても、格好のターゲットになるでしょう。



不動産に関わってくる地価の存在と関連性



不動産投資を考えるうえで、地価には4つ存在します。公示地価、基準地価、相続路線価、固定資産路線価です。なぜ4つの価値があるのかといえば、それぞれに目的があり水準があるということになります。評価する方法も異なるからこそ4つ存在しているということでしょう。それらの中でも地価グループと路線価グループに分けることができ、名称からもわかるはずですが公示地価と基準地価は地価グループですし、相続路線価と固定資産路線価には路線価という名前が入っていることから同様の意味も含められています。何が違うのかといえば、地価グループは用途や面積を考えてから、その調査地点を評価します。路線価グループは、土地が接する道路であり、用途や面積は関係なく評価しているところが重要です。この2つのグループを見ても価格はそこまで異なりません。

目的ということで見てみると、取引の指標としての違いがわかります。土地取引に使われるほかに、相続税や贈与税の課税の決定要因になるなど課税という側面も見て取れます。つまり、目的によって合わせなければいけないため異なる指標となっていることがわかるでしょう。そのためには、細かい土地の情報などが必要になってきます。変動する情報ならなおさら必要となり、専門とする企業を頼りにしたほうが長期的プランとしても望ましいでしょう。その地域に関する市場動向や調査、状況など内容を明確に提示してくれるような企業と二人三脚で投資を検討することは良いことです。さらに、資金調達のサポート、今後のプランや価格変更のタイミングの相談まで、綿密にやりとりを行えるパートナーがいれば安心して不動産に携われます。収益を専門とした不動産会社も存在します。地価の変動に詳しい営業マンと出会える可能性も高くなります。



情報を集め分析してリスクになる前に対策を



不動産投資という場合、どうしても利回りが注目されがちです。そこに土地と建物を合わせて考えていくことになるでしょう。ですが、土地の価値である地価を理解していないということは、非常に大きな問題であるということを考えていかなければいけません。なぜならば、税金などでキャッシュフローに大きな影響を与えるリスクがあるからです。こうした問題を理解しておかなければ、実質利回りの違いを理解することができないでしょう。さらに、実勢価格と公示を比較するということで、一体価格はいくらなのか、本当の意味をつかむことができるようになります。これで、高値な物件をつかんでしまうようなリスクも減らすことができるでしょう。

神奈川県内で不動産投資を考える場合、物件を紹介してくれる会社選びも大切です。選択を誤ってしまえば、それだけで大きな損失を生み出してしまう可能性が高まります。その地域ならではのネットワークを駆使して、紹介企業としての役割を担いながらも「販売して終わり」という関係ではなく良心的なサービスを心がけたところがおすすめです。何かと厳しい業界でもありますから、投資家目線で考えてもらえて、的外れな営業をされないことが投資側が望む最低条件でしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。