神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 投資用マンションを購入しよう

投資用マンションを購入しよう


投資用マンションとは



不動産にはそれぞれの購入者で目的が異なります。例えば自分や家族が住むために購入する方が多いです。子供が大きくなり、子供の数も増えたため一人一人の子供に子供部屋を持たせたいと思い購入を決意する方もいます。その他にも転勤で当分転勤先を離れることがないため、その土地に購入をして住む方も珍しくありません。

不動産購入という言葉を聞くと、このように自分が住む目的で購入をすることを想像される方もいるかもしれませんが、その他にも投資目的で購入する人は少なくありません。現在では不動産投資をするために投資用マンションを購入する方もいます。マンションはお部屋の数が多くマンションという建物を丸ごと購入する予算のある方は少ないですが、必要な数のお部屋を購入し、それを賃貸物件として貸し出すことができます。現在では投資用物件なども業者のサイトで紹介されることもありますから、投資用として購入し賃貸借契約を結んで利益を獲得することが可能です。

不動産投資をする利点としては収益になるという点です。例えば年金を使って投資をする方も少なくありません。年配の方の中にはご家族がいる人も多いですが、もし奥さんよりも自分が先に死んでしまうと奥様の生活の面倒を誰も見てくれないという方も少なくないでしょう。年金などを受け取ることもできますが、実際に年金だけで生活の全てを賄うことは難しく、年金を受給しながらアルバイトをしている年配の方は少なくありません。もしお子様がいるご家庭でも既に自分たちのご家族を持っているケースでは母親の生活費用などの面倒を全て見られるケースは少ないですから、奥様の生活を心配して投資用マンションを購入している方も少なくないのです。

当然マンション一室であれば戸建てよりも固定資産税などが高くないケースもあります。そのため、投資リスクも比較的少なくなっているでしょう。もし投資予算がある方は将来のことや利益増加を考えて、不動産投資を検討されてみてはいかがでしょうか。



投資用マンションの選び方のコツとは



初めて不動産投資をされる方の中にはどのように物件を選択すればいいのかわからない方も少なくないでしょう。新築のマンションは比較的少ないですが、中古物件においては数多く存在しているため、候補を絞り込むことができない方も珍しくありません。更に自分が住むのではなく、多くの方に選ばれる賃貸物件を選択しなければなりませんから、どのような物件に人気が集中しているのか分からない方も多くいます。

選び方のコツとしては将来性を考えることです。例えば将来性として挙げられるのが計画道路や区画整理などの予定の有無です。また、その物件の近くにある事業予定地や大きな空き地や駐車場などをあるかどうかを前もって調べておきましょう。もし将来的に大きな建設物が建つ可能性が高いケースでは保証金などをもらえる可能性があります。また、税金などがかからないという利点もありますから吟味をして購入するようにしましょう。

状態を確認することも選び方のコツになります。状態とは見た目だけでなく、設備の修繕の必要性などです。特に住宅が古くメンテナンスを行われていない物件においては設備が老朽化していますから、修繕をしなければ入居者を入れられない可能性があります。また、間取りなども確認します。間取りはそれぞれのお部屋の配置です。トイレがどこにあるのか、キッチンとダイニングはどの位置にあるのかなどを確認します。例えばキッチンの動線が確保されていなければ選ぶ方もその分減る可能性がありますから、もし自分が住むのであればどのような点が不便なのかということを考えながら確認をしましょう。

また、収納のしやすさも入居率を上げる可能性があります。現代では数々の物を住宅の中に入れて生活をします。衣服などもそれにあたりますが、収納が少ないと生活の利便性が低下する恐れがあります。状態や将来性だけでなく、立地なども確認しましょう。



投資用マンションの購入をサポートしてもらおう



投資用マンションを購入する時は不動産会社などにサポートをしてもらうのが一般的になります。サポートをしてもらう不動産会社は選ぶ時には利用者の目線と同じ目線で物件を紹介してくれるところを選択します。確かに対応の仕方を前もって調べることは難しいですが、不動産会社のホームページなどに利用者に対する姿勢などが紹介されていることもあります。投資用マンションを購入することは一般的なお買い物よりも高く、高価なお買い物になるでしょう。同じ目線に立ってサポートしてくれる業者を選択すれば不安などに対してもしっかりと向き合ってくれる可能性が高くなります。

その他にも押し売りをしないところを選択しましょう。押し売りとは利用者の必要でないものも売りつけることです。押し売り営業をする店舗で購入をすると必要でないものを購入してしまう可能性がありますからそのような不動産会社はなるべく避けましょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。

スタッフ紹介