神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 収益物件について知ろう

収益物件について知ろう



収益物件を購入しよう



収益を得る目的で投資をする人は多いです。商材はたくさんありますが、以前から多くの人が利用している投資の一つに不動産投資があります。この投資方法はまず収益物件を購入、または建築して入居者を募ります。入居者に毎月家賃としてお金を支払ってもらいそのお金が収益の一部になります。収益物件にはアパートやマンション、一軒家など幅広い物件を挙げることができます。基本的に業者などでは投資をするための物件としてアパートや土地などが販売されています。業者を利用して利益が得られそうなところを選択して購入をする人が多いです。利益が得られやすい物件は、例えばアクセスの利便性が高いところ、スーパーなどが近くにあり、多くの人が生活しやすいところなどが挙げられます。

一般的に収益物件を購入する人は幅広いです。例えば会社員の中にも購入する人がいます。会社員は安定して給料を得ることができるので、敢えて投資をしなくても良いのではないかと思われる人もいますが、老後のために前もって運用する人や年収を上げるために購入する人は少なくありません。現在では副業を認めている会社も多くあるので、会社員でも不動産投資をして収益を得ることができます。会社員だけでなく自営業の人の中には今までの事業と平行して投資をする人もいます。自営業の方の中には安定した給与を得ている人もいますが、会社員よりも給与の変動があります。そのため、安定した収益を得たい人の中には収益物件を購入する人もいます。

基本的に不動産投資はリスクが少ないので、安定して収益を得やすい商材です。入居率を維持することができれば、安定した暮らしができる可能性があります。老後を迎えた人の中には生命保険として役立てるために収益物件を購入する人も少なくありません。もし家族の大黒柱がお亡くなりになったら残された家族は今までの生活を維持することができない可能性があります。遺族年金などを受給することができますが、遺族年金だけで生活をカバーすることができない人もいます。もし不動産投資をして安定した収入を得られることができれば、自分が死んだ後も家族は遺族年金とその収益で安定した暮らしをすることができる可能性が高くなります。このように今では購入する人は幅広く、投資と聞くとお金持ちが行うものであるとイメージされる人もいますが、不動産投資においてはローンなども組めることができるので、比較的幅広い人が利用しやすい投資のひとつです。



収益物件の購入の仕方を知ろう



まず収益物件を購入する時は情報収集をします。例えばどのような物件に入居者が多いのか、正しい物件の選び方などを知ってから実際に収益物件を選択することになります。その後に購入相談を行います。購入相談に関しては物件を扱う業者を利用することになります。購入相談ではどのぐらいの資金を準備することができるのかや、ローンを組む人はどのぐらいの返済額であれば無理のない支払いが可能なのかを検討します。また、この時に諸費用についても相談します。

基本的に車と同様に収益物件を購入する時も諸費用が必要です。諸費用には銀行手数料や登記料、公租公課などがあります。購入相談をして資金計画を立てることができれば物件の選定を行います。物件の選定に関しては立地、状態、将来性の三つの要素を鑑みて選定する人が多いです。選定をする人の中には利回りだけを見て選ぶ人もいますが、利回りだけを見て投資をすると投資回収時間などが遅れる可能性があるので、選定をする時は利回りだけを考えるのではなくあらゆるポイントを検討する人が多いです。

その次に売買契約を行います。売買契約では売買契約の購入申込書を記載したり、重要事項説明などを受けたりします。締結が完了したら、ローンを組む人は審査をします。審査には2日から3日が必要なこともあります。また、ローン契約には源泉徴収や確定申告などの収入証明書や、区役所で受け取ることができる課税証明書が必要です。ローンを通過することができれば収益物件を運用することができます。



収益物件を選ぶ業者を選択しよう



収益物件を購入する人の多くは業者選択を行います。業者の数は少なくないので、幅広い業者から自分に合ったところを選定します。選定ポイントは物件の種類です。物件数が複数扱っているところを選択すれば自分の好みの物件を得ることができる可能性があるので、後悔の少ない買い物をすることができます。

その他のポイントとしては運用後もサポートを受けることができるかどうかです。例えば業者の中には管理を行ってくれるところがあります。無料で利用するのではなく、サービスを受けるためには利用料金を支払うことが求められますが、実際に利用することで運用をする手間を削減することができたり不動産投資のリスクを少なくしたりすることができるので一定のメリットを感じることができる人もいるのではないでしょうか。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。