神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 初めての不動産投資を計画中の方に必須の関連基礎知識

初めての不動産投資を計画中の方に必須の関連基礎知識


不動産投資を正しく理解する



不動産投資からなる五文字の響きからは、多大な先行投資が可能である企業レベルの定収入目的の行為、あるいは、一定レベル以上の資産家の特権的なイメージを抱かれる方々もおられるでしょう。ですが、それらはこの投資スタイルの一部に過ぎず、実際には世間一般のサラリーマン、あるいは、定年退職後の方々でも十分可能な不動産収入に?がる投資であることも多いため、お手持ちの不動産と資金の範囲内でも十分可能なのです。しかし、投資というイメージから、どうしても「ハイリスク・ハイリターン」の先入観は根強い傾向にあります。ですが、不動産は実社会において必要不可欠な「不動の財産」であり、そのニーズ自体は常に安定している事実も見過ごせません。

実際に、自らの分相応の安全確実な投資を通じ、安定した不動産収入を生活の糧に、あるいはプラスアルファの収入としてさらなる豊かな暮らしを実現されている方々は、全国各地に数え切れません。そして、全ての投資家の方々が専門関連知識に長けておられるとは限らぬのも当然で、このウイークポイントを確実にサポートする役割を担う、同分野の専門業者の地道な活躍も見過ごせません。全幅の信頼を寄せるに値する専門業者と専門担当者との二人三脚の作業を通じてこそ、不動産投資はその魅力を最大限実感する事が叶うのです。

ここでは、特に初めて不動産投資をお考えの皆さまに向け、ぜひ初期段階で踏まえておいていただきたい予備知識、そして大切なパートナーとなる業者選択に際しての着眼点など、重要なポイントに焦点を合わせて紹介します。



着手に際して



高齢化社会と囁かれて久しい今日、定年退職後の自分たちの生活の糧に、さらには、大切な次世代へのバトンタッチも視野に入れ不動産投資を検討される方々は少なくありません。あるいは、個人ではなく法人レベルで視野に入れる組織も多くおられるでしょう。私たちの生活に欠かせぬ衣食住の「住」に直結する不動産投資は、魅力的な投資の1つとして確かに注目を集めていますが、同時に、他のさまざまな投資とは異なる、独自のノウハウと対応が要求される点を見過ごしてはなりません。

例えば、金融商品を購入から損益の「益」を追求する投資の場合、投資者は市場の動向を冷静に観察から、売買なる行為を通じて差益の確保が叶います。対して、自己所有の不動産を運用して家賃収入を継続的に得る事が目的の不動産投資の場合、入居率、居住者の定着率などの見極め、そして物件の管理体制の構築など、独断では全てを対処し切れないほど多くのなすべき作業が存在しており、しかるべき専門業者とのパートナーシップを行う必要があります。単に「空室あり」とのインフォメーションを掲げ、入居者が決まればそれで一件落着ではなく、居住者が快適居住空間と判断から中長期的に確実に家賃を支払ってくれなければ、不動産投資のメリットの実感は叶いません。

いざ着手を決断された後も、数えきれない関連知識の勉強から理解が求められる投資だからこそ、キチンとした体制を構築から維持出来れば、家賃収入の確保も期待できるでしょう。まずはこの現実を正しく理解の上、相互信頼関係を築くに値する専門業者の選択作業から着手されるのがベストです。



安全確実にメリットを得続けるべく



無責任なささやきとして「不動産を持っていれば悠々自適の左団扇生活が叶う」のような話が挙げられることもありますが、これは「条件付きで半分正解かもしれない」のが現実です。自己所有の不動産を活用から家賃収入を継続して得続けるのは実は容易ではなく、押さえるべき数々のポイントを正しく踏まえ、さらには想定される数々の事態に迅速確実に対応可能な体制あればこそ、初めて「不動産投資」なる表現が当てはまります。

ここで鍵となるのが、皆さんをサポートする専門業者の選択ですが、全国各地に点在するこうした業者は大げさでなく千差万別です。不動産運用に関するトラブル事例は常に各所から発信されているのも事実で、その多くが家主と居住者間のトラブル、さらには不十分かつ安易な投資計画の実践から、投資家自身の経済的窮地を経ての破綻など、深く検証すればいずれも「自爆」と映る展開が数え切れません。

不動産の健全安全確実な運営には、おのおのの分野を担う専門業者との連携が欠かせず、一括して窓口の役割を担うビジネスパートナーとなる業者との相互信頼関係構築が欠かせません。綿密な投資計画を構築したとしても、それは机上の論理であり、必ず全てが描いた通りに運ぶとは限りません。常に臨機応変な対応に関するサポートを届けてくれる、そして何より自分よりも優れた不動産投資家に育成してくれる業者との二人三脚を通じてこそ、確実なリターンによる継続的な確保が叶うのがこの世界です。そのためには、多くの不動産業者をその目で確認し見極めることで、自分にあった会社を選択出来る場合があります。そのためにはホームページを見たり、場合によっては問い合わせをしたりする必要もあります。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。

スタッフ紹介