神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 入居率についての豆知識

入居率についての豆知識



入居率の上げ方とは



賃貸物件を管理している人の中で、課題を抱えている大家さんも多いです。基本的に賃貸物件で利益を上げるためには入居してくれる人を集めなくてはなりません。つまり、空室があればあるほどその分収益が下がり、最悪のケースでは赤字になってしまう恐れがあります。入居率を高めるための方法としてはその賃貸物件の利点を知り、その利点を多くの人の広めることです。

例えば物件の中にはコンビニやスーパーマーケットが近い物件があります。コンビニやスーパーマーケットは暮らす上で利用する人が多いので、近くにあれば利便性を感じる人が多いでしょう。その他にも駅が近くにある物件があります。生活をしている多くの人が会社や学校に通い、特に交通機関が発展している主要都市においては車を所有していない人も多いので、駅から近くにあると交通の利便性を感じる人も多いでしょう。立地だけでなく、間取りもアピールポイントの一つです。例えばリビングが広い賃貸物件であれば開放感を得ることができ、それに魅了される人もいます。

このようにその物件の利点を知ることができたら、チラシなどで多くの人に知ってもらいます。現在宣伝ができる媒体は複数あります。従来新聞を契約している人もいますが、チラシで宣伝すれば入居者を募ることができる可能性があります。また、現在ではインターネットで賃貸を紹介してくれるサイトなどもあるのでそのようなサービスを利用して広めることができます。広めるためにはある程度サービス料を支払うことになりますが、宣伝をすることで入居率を上げることができれば利益が上げられる可能性があります。

入居率を上げるためにそこに住む人が便利に感じてくれるように設備を搭載するオーナーも少なくありません。リフォームをすれば多くの資金が必要になりますが、例えば騒音対策のために窓ガラスを防音性能が高いものに変更したりすれば満足度を高めることができる可能性があります。また、日頃から掃除をして外観をできるだけ綺麗に保っている人も少なくありません。このように様々な方法があるので、もし入居する人が少ないことで悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。



賃貸管理サービスを利用して入居率をアップさせよう



入居率アップのための方法は複数挙げることが可能ですが、忙しく生活をしている人では、宣伝をするために多くの時間を割くことができないこともあります。そのため、全て自分で管理することができないという人は効率的に入居率を高めるために賃貸管理サービスを利用している人もいます。賃貸管理サービスとは賃貸を目的として建物を管理する人がやるべき業務を代わりに行ってくれるサービスです。

例えば賃貸管理サービスを利用すれば入居者のニーズに合わせて物件が紹介できます。入居者それぞれでさまざまな希望を持っています。例えば急遽引っ越しをしなければならない事態に陥る人もいます。短期間で住む場所を探さなくてはなりません。しかし、不動産に相談をしても入居までにある程度の日数がかかると断れるケースもあります。また、入居をしたい人の中には初期費用無料で入居をしたいと思う人もいるでしょう。何故なら敷金礼金がない物件を選択した方が初期費用が安いので、多くの貯蓄がない人でも利用することができるからです。このような希望に添えられるので、メリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。

その他にも宣伝をする時にできるだけその物件の見た目が良く写るように撮影をして写真付きの物件紹介を行なってもらうことができます。当然ではありますが、できるだけ綺麗なところに住みたいと思う入居者が多いです。普通の人が写真を撮影しても実際の見た目よりも暗く写ったりすることがあります。一方で賃貸管理サービスを利用すれば、加工などを施したり撮影の仕方を工夫したりすることによってできるだけ綺麗に見えるように撮影をしてくれるので、入居したい人が集まり入居率を上げることができる可能性があります。



賃貸管理サービスを提供してくれる業者を選択しよう



現在、賃貸物件の入居率や管理に悩みを抱えている人をサポートしてくれる業者はたくさんあります。そのため、オーナーは複数の業者の中にから選択することが求められます。

選び方のポイントとして挙げられるのが、管理実績を把握することです。管理実績により、どのぐらいの入居率を保っているのかを示してくれたり、管理戸数などを知ったりすることができます。当然、高い入居率を誇っているところにお願いをすればその分、今よりも入居率が高まる可能性が高くなります。

その他の選び方のポイントとしては、オーナーと同じ目線に立ってくれるかどうかです。例えば同じ目線に立ってくれる業者を選択すれば、相談をした時も悩みをしっかりと聞いてもらえて解決策を導き出してくれる可能性があります。このような点を参考にして業者を選択し、管理サービスを受けることで今よりも高い入居率を誇ること誇ることができる物件を所有することができる可能性が高くなるでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。