神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産投資物件と業者選びやクーリングオフについて

不動産投資物件と業者選びやクーリングオフについて

不動産投資をサポートしてくれる業者の選び方のコツ


現在、不動産投資を検討している人もいますが、通常は業者からサポートを受ける人も多いです。サポートを受けることで不動産投資をスムーズ化できる可能性もあります。そのため、一定の利点を感じる人も多いです。現在ではサポートしてくれる業者は複数あるので、選び方を紹介します。
選び方のコツはまず自分が不動産投資を始めたい土地に特化しているかどうかです。基本的に紹介物件をその業者から購入することになります。そのため、業者を選ぶ時は立地の特性などを理解しているところを選択することで、賃貸需要や賃料相場などの相談にも乗ってもらいやすいです。不動産は安価ではないので、その土地に特化した業者を選ぶことで後悔の少ない買い物ができる可能性があります。
また、その地域に特化している業者を選択すれば、鮮度の良い情報を知っている可能性があります。例えば地域に特化した業者の中には取引業者は売り主のネットワークがあり、それを活用することで優良な情報を紹介してくれるところもあります。その他の選び方としては独自のルートで物件を仕入れているかどうかです。業者の中にはビルダーや銀行から情報を入手して物件を仕入れるところも多いです。独自のルートで仕入れをする業者を選択すれば、他の業者には紹介されていない物件なども見つけることができるので、魅力を感じる人も多いです。また、個別紹介をしてくれるかどうかも選ぶ際のコツです。個別紹介をしてくれる業者ではその利用者が求める物件を紹介してくれ、紹介はホームページやメール配信などで行います。さらに、投資家の目線に立って話をしてくれるかどうかも重要です。基本的に投資をする人の中には不安などを抱える人も多いです。もし業者目線で物件を紹介するところを選択すれば、投資家は不安を抱えたまま購入をすることになるケースもあるので、クーリングオフなどのトラブルに発展するケースもあります。投資家の目線でお話をしてくれるところでは、不安を少なくしたり、悩みに対してアドバイスをもらったりすることもできます。最後に、しつこい営業をしない業者を選択するのもコツです。しつこい営業や押し売りに関しては迷惑を感じる投資家は少なくありません。なるべく業者を選ぶ時はそのような営業方針を採用していない業者を選択します。

不動産投資物件の選び方


不動産投資を検討している人の中には物件の選択に悩みを抱える人は多いです。選び方にはポイントがあります。それは投資物件を選ぶ際の基準の明確化です。
例えば選ぶ際の条件は複数挙げることができます。それは総戸数、利回り、立地、修繕積立金の費用等を挙げることができます。どのような条件で物件選びをするか、採用する基準を決めます。例えば価格を重視する人や総戸数と立地を中心に基準を作り上げていく人もいます。それぞれの投資家で採用したい選び方の基準は異なるので、自分に合った条件のところを選択するといいでしょう。しかし、選ぶ際には自分の基準だけで投資物件を選択しないほうがよいです。実際に収益を得るためには需要の高いものを選択することが求められるからです。
基本的に物件を選ぶ際に投資家は自分の判断で投資物件を選択する人は多いです。例えばアクセスの利便性が高い物件や、会社から近いなどを挙げることができます。実際にそのような条件で賃貸物件を選択する人はいますが、お子さんなどがいる家族が選ぶ時の基準は異なる可能性があります。例えば、できるだけ安全な土地を選択したいと思うご家族も少なくありません。子供は外に出て遊ぶことも多いので、自宅周辺に大きな幹線道路がないところを選択する人もいます。また、アクセスの利便性よりも日当たりがよく当たる場所を選択したい人もいます。まずはターゲットを明確にしてそのターゲットが求める条件を業者などに相談をして選択するようにしましょう。その他にも築年数や利回りなどあらゆる選び方があるので、もし自分だけで選ぶことができない人は業者に相談をして不動産投資をするための物件を選択するのがおすすめです。

クーリングオフについて


不動産投資をする人の中にはクーリングオフを利用する人もいます。クーリングオフを利用すれば一定期間内であれば消費者から契約の解除を申し出ることができる制度です。しかし、すべての売買契約に対してクーリングオフが適応できるということはないので、まずはクーリングオフが法律で規定されている情報を確認します。また、業界が自主規制でクーリングオフを規定しているケースもありますが、そのような場合でも利用が可能です。
基本的に不動産投資をするための物件を購入する時は業者ではなるべくクーリングオフなどをしないように取り組みをしているところが多いです。また、業者では投資相談などを実施しているので、クーリングオフをしないようにどのような取り組みをしているのかを相談することもできるでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。