神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産投資をするメリットを徹底解説します

不動産投資をするメリットを徹底解説します


不動産投資にはメリットがたくさんある



最近は不動産投資がとても人気がありますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。一番のメリットとしては、不労所得を作ることができるという点です。不労所得なので、自分が病気になったり怪我をしたりした場合や、家族の介護のために働けなくなったとしても、毎月口座にお金が振り込まれます。また、他の投資と比較しても、手間がかからないのもメリットです。例えば、株の場合であれば毎日銘柄の研究や企業ニュースチェック、そして売買のタイミングを見極めるためにパソコンに張り付く必要があります。一方で不動産投資の場合であれば、いったん投資用の不動産を購入すれば、あとは何もしなくても毎月きちんと家賃収入が入ってきます。入居者の対応やトラブル処理、そして家賃の集金は管理会社に依頼すれば自分の手を煩わせることがありません。

また、FXや株の場合だと出資金がたくさんないと始めることができませんが、不動産投資の場合であれば金融機関から融資を受けることができるのもメリットです。どこの金融機関も株やFXのために融資はしてくれませんが、不動産の購入であれば融資をしてくれます。そのため、仮に1000万円の物件があったとしても1000万円貯まってから買うのではなくて、融資を受けて購入することができ、毎月の家賃収入の中から返済することができます。これにより、無理なローンを組むことがありませんし、ローンの返済のために苦労をすることもありません。また、1000万円貯めようと思ったら膨大な月日がかかりますが、1000万円のローンの返済であれば割と現実的に早期に終えることもできます。つまり、少額からスタートすることができ、高い利回りの物件を購入することができれば、毎月の返済も心配することはないということです。



さらにある驚愕のメリットとは?



不動産投資のメリットはこれだけではありません。他にも、老後の年金代わりにもなります。得られた家賃収入というのは、老後の個人年金として活用することができます。高齢になると現役時代と同じように働くことができないため、年金を利用することになります。不動産投資を行っていれば、公的年金に加えて毎月の家賃収入も第二の年金として毎月あなたの銀行口座に入ってきます。また、実は生命保険の代わりにもなります。金融機関の投資用ローンというのは、団体信用生命保険が適用になるので、自分の身に万が一のことがあったとしても家族に不動産を残すことができます。ローンの支払いが無くなった不動産であれば、家賃収入がそのまま収益になるので、結果的に遺族年金として活用することができます。もしくは、売却すればまとまった金額にもなります。

また、不動産の価格は物価と連動しているので、インフレ対策にもなります。そのため、お金の価値が相対的に下がったとしても、不動産自体に価値が下がることがありませんので、インフレになったときには立派な資産として活用することができます。さらに、不動産投資をすることによって、相続税対策にもなります。実は現金の場合は額面の金額がそのまま相続税の計算の基準になるので高くなりますが、不動産投資の場合であれば建物と土地を時価で評価するのではなく、割り引いて計算するので通常よりも相続税を安くすることができます。通常だと膨大な額の相続税が、何分の1かに圧縮できるのは大きなメリットだと言えます。



どうやって投資を始めればいいのか?



不動産投資にはメリットがたくさんありますが、初心者の段階でどのようにして投資を始めればいいのでしょうか?実際に投資を始めるにしても、どのような物件を購入すればいいのかや、金融機関からの融資の受け方、税金に関することなど不明点だらけです。そこでお勧めなのが、不動産投資を生業としている企業に相談することです。投資のプロに相談することで、素人では解決できないようなことでもしっかりと解決に導いてくれます。また、一般人だと不動産の相場はわかりにくいものですが、プロに相談することで相場を教えてくれるので売り時や買い時もわかるようになります。

実際に専門会社に相談するときには、まずは無料で相談窓口を設置している会社に相談しましょう。相談するだけなのに相談料を取るような会社は避けた方が無難です。また、相談しに行っただけなのにしつこく自社のサービスを提案してくるような会社も好ましくありません。また、自社で管理している物件や周辺の環境の状態などを正確に把握していることも大事です。不動産のことを相談しに行ったのに、自社の扱っている不動産のことすらまともに回答できないようでは信頼できません。投資の相談に行くときには、これらのことを気にして相談してみましょう。不動産は売るのも買うのも早い方がいいので、信用できる会社に出会ったら、なるべく早めに売買について話をするといいでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。

スタッフ紹介