神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産投資に大きなメリットになるリノベーション

不動産投資に大きなメリットになるリノベーション

付加価値を高めるリノベーション


不動産の価値ということを考えると、いつでも一定ではありません。時代とともに変わってくることがありますし、ターゲットによっても変わってくるでしょう。不動産の老朽化ということからも逃れることができないということも大きく、価値を維持していくことはとても難しいといえます。不動産投資ということを考えた場合、価値が下がるということを無視することはできません。下がっていくのであれば、高めるということも必要になってくるからです。付加価値を高めたりすることができれば、入居者を増やすことも視野に入れていくことができるようになります。価値の下がったままの状態では、借りてくれる人も出てこないからです。
現状では価値の低い物件を安く手に入れ、手を加えて価値を高めることができれば、利益を大きくすることができるということもあります。価値の再生ということになってきますが、不動産という性格では、とても重要になってくる方法で、これがリノベーションです。付加価値を引き上げ、魅力を高めていくことによって、不動産投資に対する大きな影響を与えてくれます。リフォームと混同されることがありますが、一般的には老朽化した部分を元に戻すという意味合いで使われる言葉です。リノベーションの場合には、新たな魅力を与えるということであり、そこに大きな違いがあります。特に不動産投資ということでは、区別して考えなければいけません。

不動産投資に対するメリット


リノベーションをうまく活用していくと、不動産投資に大きな影響を与えるようになります。時代とともに不動産を見る目線は変わってきます。過去に有効であった物件の構造も、時間とともに価値が下がってくることは珍しくありません。これが入居率に大きな影響を与え、ダメージになってくることも出てくるでしょう。安価な物件を新築同様のグレードにあげることもできます。設備の追加ということだけではなく、内装を考え直すことによって、価値が大きく変化することもあるのです。
賃料を高く設定することができるようになるのもポイントです。価値を高めることができるようになれば、それに見合う家賃設定もできるようになります。不動産投資において、家賃収入は大きな意味を持っている部分です。リノベーションをするということは、費用が発生します。それもかなりの費用をかけることになってくるため、家賃収入も高めていかなければいけません。そうなると、相殺してしまうのではないかと考えることも確かに出てきます。投資として考えた場合、継続性ということが重要になってきますが、リノベーションすることによって、長く借りてくれる人もでてくるでしょう。
何もしなければ、新しい物件にうつってしまう可能性もあります。家賃の設定を安くしても、長く借りてくれるようになれば、利回りは安定します。建物の寿命も延ばすことができるということを考えても、収益は相当大きなものになると考えることができるでしょう。短期的な視点だけではなく、こうした発想を持つことも、不動産投資には重要な意味を持ってきます。

有効的に活用するためには


不動産投資において、リノベーションを有効に活用していくのは当然の方法ともなってきました。ですが、視点を少し変えてみると、収益物件の購入というというところにリノベーションを生かすポイントも見えてきます。つまり、物件として、どこまで高い基本性能を持っているのかということです。立地条件が良く、築年数が古くて汚い物件があったとすれば、相場よりも安価で購入できるでしょう。この物件を購入することを考えた場合、新築の物件とどのぐらい差があるのかということを考えます。大概の物件は、リノベーションの費用をかけても安く上がることが多いです。
この費用差を考えてみると、大胆にリノベーションをすることもできるでしょう。立地条件や大規模な工事が可能であるという条件を持っていれば、大きな付加価値を与えることで、不動産投資として大きく化けてくれます。現在の不動産事情にマッチした設備を与えるだけでも、大きな魅力になってくるからです。ユニットバスを変更して、浴室乾燥機まで備えてみるというのを考えてみるとわかります。単身世帯などでは、洗濯をするというだけでも、さまざまな問題を抱えてしまいます。さらに夜帰ってきて、洗濯して干すという簡単な流れでも、こうした設備があれば、楽になると思うことでしょう。これが大きな魅力となって、賃料の引き上げや長期的な利用ということにもつながっていくかもしれません。
ただし、これが絶対に功を奏するというわけではありません。適切な方法を考え、実行していかなければいけないからです。間違った方向でリノベーションをすれば、ただ投資をしただけで、リターンは得られません。だからこそ、この土地にはどんな方向性を持たせることが利益になるのか、それを考えていく必要があるでしょう。ポイントを押さえられれば大きなメリットになるのですから、判断を誤らないようにするということが大切です。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。