神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産投資するなら横浜の物件がおススメ

不動産投資するなら横浜の物件がおススメ


お金を銀行に預けるだけでは生活の足しになりません



銀行にお金を預けておけば十分に利息が付く時代もありましたが、今はそんな時代ではありません。銀行に預けていてもほとんどお金が増えないので、資産を生かすには別の方法を考える必要があります。しかし、お金を積極的に運用する投資というものに対しては、なぜが消極的な人が多いようです。確かに投資は自分の頭で考えて収益について責任を持つ姿勢が求められますが、大きな利益を得る可能性を持っています。有効に投資を行えば、給与や年金以外の収入が得られて、豊かな生活が送れる可能性があります。

最近はなかなか給与が上がらず、年金の支給時期も先延ばしされるなど、お金に関しては自分で何とかしないといけない状況になっていますので、何かあっても毎月収入が得られるようにと、投資の事を真剣に検討する必要があります。では、どのような投資をすれば良いのかというと、投資で運用する資金の額、年齢、自分の好みなどをよく考えて、無理なく長期間続けられる方法を選ぶ事が大切です。短期間で何億円も儲けたと聞けば誰もが同じ方法で投資しようとしますが、自分に合った投資を選ばないと大きなストレスを感じてしまいますし、儲ける事も難しいでしょう。

投資で収益を上げるためには、焦らずにじっくりと腰を据えて取り組まなくてはなりませんが、落ち着いて取り組める投資方法として、昔から多くの人が活用しているのが不動産投資です。都内や横浜などの人気の地域で不動産投資を行えば、毎月安定した収入を得られる可能性が高くなります。



儲かる投資用物件とは?



都内の立地の良い物件で不動産投資を行うのも良い方法ですが、物件が高額となるため多額の初期投資が必要となる点に注意しなくてはなりません。多額の投資をしても、それ以上の収益を得られれば問題ありませんが、100パーセント確実な投資などありませんので、ある程度の余裕を持って投資する必要があります。多額の投資費用を無理せずに用意できる人は都内の物件を購入しても良いですが、初期費用を抑えて不動産投資を始めるのであれば、横浜などの比較的購入しやすい物件を探すのが賢明です。都内以外の手頃な価格の物件でも、安定した収益を出す事は可能となっています。

ただし、ただ価格が安いだけの物件に注目するのではなく、きちんと利益が出るような物件であるかを確かめなくてはなりません。いかに安く不動産を購入しても、まるで利益を生み出さないのでは、投資したお金が無駄になってしまいます。入居者からの賃貸料によって収入を得るのが不動産投資の本質である事を、常に意識するようにしましょう。

その点、横浜などの人気のある地域であれば、所有する物件が空室となるリスクが少なくなるので、むやみに賃料を下げる事も無くなります。やはり不動産は立地が非常に重要なので、どこにある物件を購入するのかをよく検討しなくてはなりません。投資用の不動産を購入する時は、価格や広さといった事を調べるだけではなく、物件のある地域の特性や賃料などについても、よく調べるようにしましょう。



インターネットに頼るだけは良い物件を見付けられません



不動産投資を行う地域や投資する金額などが決まりましたら、実際に購入する物件を探して絞り込む段階に入ります。物件を探す時は、安易に妥協せずに納得のできる物件である事を確認してから購入しましょう。インターネット上の不動産サイトなどを利用すれば、地域、価格、駅からの距離などを入力するだけで条件に合った物件が簡単に探せますが、実際に安定した収益が上げられる物件を見付けるには不動産業者に相談するのが一番です。ネットの不動産サイトは誰もが利用できるために、直ぐに良い物件は売れてしまいますから、なかなか購入できるチャンスが巡って来ません。

そのため、良い物件を探すには、不動産サイトに掲載される前の情報を、不動産業者に教えてもらうのが最も有効な手段となります。一歩も外に出なくても手軽に物件が探せると思って、インターネットばかりに頼っていると、本当に儲けられる物件を見付けられません。埼玉、神奈川、横浜など特定の地域を得意にしている不動産業者の店舗に出向いて、物件探しの相談をしてみましょう。

幅広い地域の物件を扱っている不動産業者は、数多くの物件を紹介してくれるのがメリットですが、その分地域の特性や掘り出し物といったキメの細かい対応ができない業者もいるので、地域に密着して営業している業者に相談するのが適切です。不動産業者の店舗に入ったり直接連絡したりすると、関心が持てない物件などをしつこく営業されるのではと心配する人もいるでしょうが、その点については不動産業者のホームページなどで、押し売りのような営業をしないと書かれた業者を選びましょう。営業方法については顧客の要望を聞き入れて一緒に資産運用を考えてくれる業者がよいでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。

スタッフ紹介