神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産投資がペイオフ対策になる?気になる内容を解説

不動産投資がペイオフ対策になる?気になる内容を解説

ペイオフ対策に不動産投資を


皆さんはペイオフという言葉を知っていますか。2005年に本格解禁された預金保険制度と呼ばれるビジネスの仕組みのことですが、知っておかないと損をする人が増えてしまいます。これは一般的にわたしたちが預けている銀行などのお金が関係しています。今まではたとえ銀行が破たんすることになったとしても、預金額は全て保障されることになっていましたが、2005年を機に、金額が制限されることになってしまいました。なんと最大1,000万円までしか保障されなくなってしまいました。たしかに1,000万円は大金ですし、誰もがそこまで貯金しているとは考えにくいかもしれません。しかし今後老後の費用を蓄えたり、子どもや孫に資産を残そうと思ったりしたら、1,000万円を超える機会は少なくないでしょう。それなのにもかかわらず、万が一銀行がつぶれてしまったら、それまであなたが持っていた金額が一気になくなってしまう可能性もあります。とても不安になる話ですが、こうしたルールがある以上、ペイオフの対策をする必要があります。
例えばペイオフの対象になる1,000万というのは、1つの銀行につき1,000万が保障されることであるため、預ける銀行を分散させるというのも1つのリスクヘッジとなることでしょう。ほかにも、投資などをして資産を分散させることが対策になります。それぞれにメリット、デメリットがあり、同じペイオフ対策でも自分に適したやり方を選ぶ必要があります。ここでよくおすすめとして挙げられているのが、不動産投資でしょう。資産を不動産に変えることで十分に対策を行うことができます。ほかにも投資や資産を別の形で持つ方法はさまざまあるにもかかわらず、どうして不動産が人気を博しているのでしょうか。その理由をご紹介しましょう。

不動産投資とペイオフ対策の関係


ペイオフ対策をするとき、方法として挙げられるのは銀行や信用金庫を分散させて預けることだけではありません。資産家たちの中で人気を博しているのが、不動産投資を行うことでしょう。なぜこれが人気なのか、それは十分に対策になるうえに、自分たちの利益になるからです。投資にはいろいろあり、株やFXに変える人もいることでしょう。たしかに利回りの面だけを考えると、株やFXのほうが高いですし、うまく稼げば預けておくよりもさらに大きな資産になることもあるでしょう。不動産のほうが利回りが低いですから、稼ぐなら株のほうがいいと思われることも少なくありません。しかしながら株やFXはハイリターンがある代わりにハイリスクもあります。株の変動はいつ動き出すかわかりませんし、昨日まで調子がよくても、ものの1分で下落して損をしてしまうことも珍しくはないです。
その点不動産はローリータンながらもローリスクで安定した収入を得ることができます。毎月入居者から家賃収入が入ったり、駐車場を運営したりしている場合はその利用費も収入として数えることができます。また、場所を選べば不動産の価値が下がることはほとんどなく、土地も含めた資産として保持することができます。もちろん銀行や信用金庫に分散させておくというのは大事なことですが、銀行に預けっぱなしでつく金利というのは知れています。普段使わず老後に使ったり、子どもたちに残したりなどといった当分動かさない資産なのであれば、不動産を購入して物件として資産を持つ方が、ペイオフの対策になるうえに利益が出るのでとてもおすすめです。

不動産をうまく購入しよう


ペイオフ対策の一つとして不動産投資がおすすめされることがとても多くなりました。それは何もリスクを分散させるというだけでなく、純粋に利益を生むという面でもメリットがあります。だからこそ、不動産として資産を持つことはあなたの生活を豊かにすることでしょう。
しかしながら、とりあえず物件を買ってしまおうとやみくもに購入するのはとても危険です。なぜなら、不動産投資のうえで重要なことはきちんと利益が出るかどうかです。もちろん物件や土地の資産価値があるため、利益が出なかったら売却してしまえばいいという考え方もあります。しかし物件を購入して売るときには少なからず損失が発生しますし、どうせなら利益を生む物件を保持しておくべきでしょう。
不動産を購入するときは物件選びがかかせません。入居率が高く設備がよく、そして金額が高すぎないところを選びましょう。要は、住みやすい家を選ぶというのが大切です。これはもちろんマンションだけでなく、テナントにも同じことがいえます。いくら安くても使い勝手が悪ければ売れにくいですし、使い勝手がよくても高ければ入居者は減ってしまいます。バランスのよいところを選びましょう。
そして、物件を購入するときは、あなただけの意見で判断しないようにしましょう。例えば不動産投資のコンサルタントや不動産販売会社など、プロの目からもアドバイスをもらうことをおすすめします。またこうした物件購入をするときに親身になってくれる業者を選びましょう。ペイオフ対策はもちろんのこと、あなたの資産運用としても不動産投資は役立ってくれます。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。