神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産売買に挑戦してみよう!

不動産売買に挑戦してみよう!


不動産売買の機会について



日本では数多くの物件が販売されています。例えば戸建て、マンション、アパートなども販売されています。基本的に不動産売買を行う機会はたくさんあります。例えば不動産経営をする時です。不動産経営とは主に不動産を購入して、物件に住みたい方と賃貸借契約を結びます。物件に住む人はその部屋を貸してもらう代わりに、毎月家賃として大家さんに決められた金額を支払います。基本的に不動産経営は収益目的で行うケースが多いです。

実際に不動産屋さんにおいてもアパートやマンションなど不動産投資の物件が紹介されており、予算に応じて物件を購入することが可能です。実際に不動産経営を行っている方はたくさんのメリットを得ています。

例えば家賃収入が発生する点です。アパートなどを運用している方はもし部屋が5つあり、それぞれの部屋を5万円で貸しているケースでは収入が約25万円になります。当然、全ての金額が得ることはできません。不動産を運用するためには不動産屋さんにサポートを受けることになるため、手数料などを支払うケースが多いからです。しかし、ローンを組んでいなければ、多くの割合を得ることができるので、お仕事で得る収入に家賃収入を加えられます。そのため、老後の資金や生活を豊かにするために投資をしている方も多いです。

不動産投資も不動産売買をしてスタートしますから、検討をしている方は不動産屋さんに相談をしてみてはいかがでしょうか。不動産売買の機会はその他にも要らなくなった物件を売る際に利用できます。要らなくなった不動産とは自分が住んでおらず将来的に住む可能性が低い家です。例えば親から譲り受けたが既に自分の戸建てを持っているので、お金に変えてリフォーム資金にしようと思われる方も少なくないでしょう。基本的に土地の面積や家屋によっても異なりますが、毎年固定資産税がかかるので、その負担を軽減するために不動産売買を利用しようと思う人も少なくないでしょう。比較的不動産売買を利用する機会が多いのは自分の家として購入することです。例えば戸建てを購入してリフォームをする方もいます。また、土地を購入して注文住宅として建築を依頼する方もいるでしょう。



不動産の売却をしよう



不動産売買を利用したいと思われる方の中には売却を検討している方もいるでしょうが、売却する方法は2つあるということをご存知でしょうか。それは購入希望者を広告などで呼び寄せて物件を購入してもらう方法ともう一つは業者に買取してもらう方法です。それぞれの方法には特徴があります。まず購入希望者を探して物件を売る方法は物件をみつけてもらうまでに時間がかかるので、じっくり売りたいと考える方が利用するケースが多いです。主に広告を利用して売りたい物件を公に紹介し、購入希望者を集います。基本的にこの方法では価格設定などは売りたい方が決めるというケースが多いです。そのため、要望の金額に近い状態で不動産売買をすることができる確率が高くなります。不動産屋さんに仲介をしてもらうので、売却成立の際には仲介手数料などの諸経費がかかるケースが一般的です。

業者に売る方法は短期間で売ることができるというメリットがあります。仲介業者が提携業者に直接売却をしてもらうことで、広告の手間などを削減できるため、スピード売却ができる可能性があります。基本的に公に物件を公表する必要がないため、売られていることを知られたくない方が利用することもあります。また、業者以外に売る時は瑕疵担保責任が免除されます。瑕疵担保責任は不動産を売却した後にもし何か設備などが故障していた時は購入者ではなく売却人がその設備の修繕のために修理費用を負担しなければならない義務です。

不動産売買を利用して売却を検討している方はこのような二つの方法があるので、あなたの好みの方法で不動産の売却を実現してみてはいかがでしょうか。



不動産売買をするために仲介業者を選ぼう



現在では不動産売買を取り扱う仲介業者はたくさんいますから、選定方法を紹介します。

まず購入を検討している方は物件数です。物件数の数が多ければ選択肢が広がり、不動産投資のため、住むための自分好みの物件を購入できる確率が高くなります。また、不動産投資を目的にしている方は管理サービスを提供してくれるところで不動産を購入することで、管理サービスの業者を再び探さなくてもサービスを受けられるため、利便性を感じる方は少なくないでしょう。

売却を考えている人は幅広いプランを取り扱ってくれる仲介業者を選択するようにしましょう。例えば仲介業者の中には業者に売却するプラン、購入希望者に売却ができるプランの両方を扱い、売却を検討している方ができるだけ要望通りに売却ができるようにサポートしてくれる業者もあります。

このような選定ポイントを参考にして要望どおりの不動産売買をされてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。

スタッフ紹介