神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > 不動産で考えなければいけない原状回復と内容

不動産で考えなければいけない原状回復と内容



不動産につきものの原状回復



不動産を借りる場合、さまざまなことを考えていかなければいけません。退去時には、原状回復するということも重要になってくるでしょう。これは、借りる側だけの問題ではありません。貸す側として考えても、重要な意味を持ってきます。なぜならば、原状回復せずに戻されてしまえば、大きな損害を生み出すことになってくるからです。それだけに、大きな意味があると考えていかなければいけません。どちらかに負担がかかるというよりも、いったい何をするべきなのか、何が対象にならないのかを考えていかなければいけないでしょう。その中で、負担が少なくなる方法はいったい何なのか、どんな方法をとっていくべきかを考えなければいけません。原状回復はただの負担であるというように、ネガティブな発想でとらえるのは、何も生み出していかないものです。

原状回復とは一体何かといえば、借主がどこまでの修繕をして返還をするのかということです。退去する場合にどこまできれいにして返すのか、その義務はどこまで及ぶのかということになるでしょう。これを把握していないということは、両者にとっての負担の原因になっていきます。もっと単純に考えれば、両者が理解できるようにしていけば、なにも問題になることさえないといってもいいことです。自分で使った物を片付け、元に戻して返すということを考えれば、何も不自然なことはないでしょう。



原状回復の対象とは



不動産の原状回復ということは、何か決まりがあるのかといえば、基本的な考え方が国土交通省から出ています。原状回復を巡るトラブルとガイドラインが相当しますが、これによれば賃貸人の住居、使用により発生した建物価値の減少が対象であり、その中で、賃貸人の故意や過失、善管注意義務違反といったことが認められれば、行わなければいけない負担としているところが重要です。通常の使用を超えるような仕様の損耗や印損ということもうたわれており、費用も借主側が負担するべきとなっています。

実際にどんなものが対象なのかというより、対象ではないものは何かと考えていかなければいけないでしょう。生活の中で生じた損害を回復させるということが原状回復にあたるからです。そのひとつに、畳が日に焼けたということが挙げられます。通常、住んでいてもいなくても、畳は経年劣化して焼けていくことになるでしょう。通常の住まいであれば、何も珍しいことではありません。こうした費用は、貸主が負担しなければいけないことで、借主は負担するべきものではないということです。なぜならば、これらの修繕費用は、毎月の家賃に含まれていると解釈することができることが大きいでしょう。ここからわかることは、原状回復というのは、借りた時の状態にすべて戻すということではないということです。借りていなくても、時間がたてば傷むようなものは、その対象にはなりません。例えば、クロスも時間がたてば、必ず黄ばんできます。こうしたものは、借りたからといって負担するべきことではないと解することができるでしょう。



管理会社に依頼するということ



実際に一体どちらが負担をするべきかという問題は、かなりまちまちになります。通常の使用とは一体何を指すのかということに具体性がないのが問題です。日光で焼けたものは原状回復しないでもよく、掃除もせずに汚れたりすれば、これは借主負担となるといってもわかりにくいことは間違いないでしょう。カーペットが敷いてあって、これに何かをこぼしたとします。このままでは、借主負担で不動産をもとの状態に戻さなければいけませんが、きれいに掃除してあれば問題はなくなるということから考えた場合、ケアをしたかどうかも重要です。

掃除をしたりしていれば、そこまで大きな負担になることはありません。ですが、貸す側から考えると、しっかりと掃除をして管理してもらわなければ困ります。こうした判断はとてももめてしまうことは間違いありません。そこで、トラブル防止のためには、複数の人で状況を確認します。借りた時に、どんな状況になっているのかを知れば、原状回復しなければいけないポイントが見えてくるでしょう。これは、貸すほうも借りる方もメリットがあることです。揉めずに済むようになるのですから、重要な立ち合いになるといえます。

もうひとつの方法として、貸す側としては管理会社を入れるということでしょう。不動産管理会社であれば、こうしたメンテナンスコストをできるだけ少なくするノウハウがそろっています。何も原状回復がなくなるということではありません。公正な視点から、しっかりとした交渉をしてくれるということです。

退去するときにもめてしまうということは、どちらの立場にしても不幸な話でしょう。そういったトラブルにならないように、管理してくれるのも不動産管理会社のポイントです。不動産投資などを考えているときにも、こうしたメリットがあることを考えておけば、メリットを最大化させることができるでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。