神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > ローンを利用して不動産投資を行ってみよう

ローンを利用して不動産投資を行ってみよう



不動産投資ローンとはどのようなものか?



不動産投資ローンというのはどのようなものかといいますと、投資用マンションやアパートなど、投資のために購入する不動産を担保にして金融機関から借りるローンのことです。よく一般的な住宅ローンとの違いについて疑問に思う人がいますが、大きな違いはまずは使用目的が異なるので審査基準が違うということです。住宅ローンの場合であれば、個人的にその物件に住むための貸付になるのですが、不動産ローンというのはアパート投資やマンション投資に対する融資となります。また、前者の場合は、本人の年収や勤続年数などを考慮して審査するのですが、後者の場合であれば事業とみなされるので採算が合うかどうかが重視されます。

住宅ローンの場合であれば、年収も高く勤続年数が長ければ安定収入があるとみなされるので審査に通りやすくなります。したがって、一般的な公務員やサラリーマンなどであれば組むのはそう難しいことではありません。しかし、投資用ローンとなると本人の年収ではなく、今後不動産を経営していくにあたって色んな障害が起きることを想定しなくてはいけませんので、審査基準が難しくなります。また、住宅よりも不動産ローンの方が金利が高い傾向がありますので、投資用として金融機関に申し込むときには、採算が合うかどうかを考慮して申し込む必要があります。



不動産ローンを利用して不動産投資をしよう



一般的な住宅ローンよりも金利面では不利になる面もありますが、それでもやはり不動産ローンを利用するメリットは大いにあります。一番のメリットとしては、レバレッジを効かせることができることです。レバレッジというのは、つまり少ない資金で不動産投資をすることができるということです。例えば1,000万円の物件を購入しようと思ったとき、通常であればその分の資金が無いと購入できないのですが、ローンを利用すれば購入することができます。あとはその1,000万円の物件分の利回りが入ってくるので返済も滞ることなくできるというわけです。ローンを利用することで、自分の不動産の購入資金が貯まるのを待つ必要がないので、いい物件を見つけ次第すぐに不動産投資をスタートできます。

では、実際にローンを申し込むときには、どのような人が融資を受けやすいのでしょうか。まずは、自己資金が多い人が有利にはなります。やはり金融機関としても自己資金が少ない人よりも多い人の方が安心して融資ができますので、その分審査は緩くなります。同時に、年収も高ければ高いほど返済能力が高いと判断されやすくなります。

次に、購入予定の不動産の利回りが高いほど融資を受けやすくなります。なぜなら、利回りが高いということはそれだけ収益を得やすくなりますので、金融機関としては返済も滞ることがないだろうと判断するからです。ただ、ここで注意しなければいけないのが、金融機関が判断するのは表面利回りではなくて、コストを引いた後の実質的な利回りになります。したがって、いくら利回りが良さそうに見える物件だとしても、毎月のランニングコストのことをしっかりと考慮しないと実質利回りが低くなってしまいますので、購入するときにはその点をしっかりと考慮しましょう。



申し込みをするときにはどうすればいいの?



では、金融機関にはどのようにして申し込みをすればいいのでしょうか。まずは、金融機関にアポを取って審査に必要な書類を用意します。審査に必要な書類というのは、登記簿謄本やキャッシュフロー計算書、住宅地図、物件写真など多岐にわたります。そして、書類に不備がなかったら審査がスタートします。審査期間は金融機関の都合にもよりますが、だいたい数週間になります。そして、見事審査にパスしたら、金融機関から融資決定の通知書が届きます。通知書が届いたら今度は契約を締結するための手続きのために金融機関に向かいます。そして、団体信用生命保険や金銭消費賃借契約を結び、それが終わったら融資が実行されるのでようやく物件を購入することができます。

ただ、実際に申し込みをするときにはたくさんの手続きや書類が必要になりますし、用意する書類が多いだけに一人でやろうとするとどうしても不備が出てしまいます。そのようなときには、申し込みをする前に不動産投資の専門家に相談して、金融機関から有利に融資を受けるためのアドバイスを受けたり相談したりするといいでしょう。また、プロに相談すれば、最近の金利の動向や金融機関の動きなども逐一教えてくれるので、非常に心強いです。ましてや会社勤めをしながら不動産投資をする方にとっては、そのようなアドバイスは非常に助かりますので、初心者の方ほど最初からプロに相談するといいでしょう。

優良な業者であれば、無料相談窓口を設けている場合が多いですし、決して押し売りはしないので安心して相談することができます。ホームページを比較して、そのような業者を見つけたらまずは相談だけでもするといいでしょう。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。