神奈川の不動産投資・売買TOP > コラム > アパートに投資をしよう

アパートに投資をしよう



アパートの投資について



日本には投資をすることができる商品は複数存在しています。例えば多くの人が思いつくものとしては株トレードやfxが挙げられます。リスクが高い分、ハイリターンのため、趣味で楽しんでいる人も少なくありません。このようにたくさんの商材がありますが、安定的に利益を得る目的でアパート投資をする人も少なくありません。株式やfxにおいては秒単位で変動する銘柄や通貨ペアもあるので、1日で多くの資産を失うこともあります。それとは異なり、入居率を維持することができれば比較的安定的に資産を増やしていくことができます。確かに入居率が下がればその分収益なども低くなりますが、現在ではそのような課題に悩む経営者、または不動産投資家をサポートする業者もあります。

こういった業者を利用すれば入居率のサポートを受けられます。そのため、利用すればリスクが少なく投資ができて、安定した生活を送ることができる可能性があります。日本にはサラリーマンをして生活をしている人も多いですが、退職しなければならない日はいずれ来ることになります。一般的には定年退職で仕事を辞める人が多いです。定年退職をした後、基本的に多くの人は老齢年金で生活をしますが、十分な老齢年金を受給できなければアルバイトをして生計を維持しなければなりません。老齢になれば若い時よりも足腰が弱るので、ずっと勤務をすることは難しいです。もし賃貸物件を所有していれば収益を得られるので、老齢年金だけでなく家賃収入を得て豊かな暮らしができる可能性があります。

管理の手間が少ないという点も利点の一つです。全て自分の力だけで運用をしようと思うと確かに手間がかかります。例えば秋には物件の周辺に枯れ葉が蓄積する可能性がありますから、定期的にお掃除をしたり、もし入居率が下がれば入居者を探すために宣伝をしたりしなければなりません。しかし、今は一人の力で運用している人も確かにいますが、管理サービスを利用している人が多いです。管理サービスを利用すれば運用に手間がかからないので、株価を頻繁に確認するトレードやfxに比べて多くの時間を割かなくても済む可能性があります。更にアパートは相続税の節税に有効活用することができたり、インフレ対策になったりするので、もし資産を増やすことを検討されている方はアパート投資を検討してみるのも良いです。



アパート投資のはじめ方



基本的に一から建築をしてアパートを運用する人もいますが、物件を購入する人もいます。まず、購入をする時は新築か中古か選択することになります。例えば新築の物件を選択すれば清潔感などがあるので、入居率を高めることができる可能性があります。また、中古物件においては新築よりも購入費用が少ないので、予算内で購入することができたり、ローンの負担を少なくしたりすることができるでしょう。基本的に中古か新築は投資を検討している人それぞれで異なるので、業者の人と話し合いをしてから選択をします。

また、基本的に投資をする目的で購入しますから、収益を得られやすいアパートを選択します。例えばアクセスの利便性や住みやすい間取りなどが挙げられます。物件を選択できたら業者と契約を結びます。その契約は売買契約です。売買契約とは不動産売買契約のことです。この時に購入の申込みや重要事項説明などを受けてから締結をします。

その後にローン契約をします。基本的に一括でアパートを購入する人はローンは組みません。しかし、一括で購入しない人もいるので、そのような人はローンを組むことになります。ローンを組むところは公的融資、民間融資を挙げることができます。基本的にローンを組む時は審査などが必要です。そのため、すぐに承認されることはありません。例えば審査の申し込みをして2日から3日で審査結果が届きます。その後に本申込書を記入してから承認を得て締結をさせることになります。ローンを組むためには審査などがあるので、必要な書類があります。例えば返済能力を証明する収入証明書や、身分を証明するためのパスポートや社員証などです。このような流れでアパート投資を始めることができます。



アパート投資をするなら管理サービスを利用しよう



アパート投資をするのであれば管理サービスを同時に契約をする人も多いです。少し紹介したように管理サービスを利用すれば運用管理の手間が少なくなります。基本的に投資ですから流石に少しのリスクがあります。それは入居率の低下です。

もし入居率が低下すればローンの支払いをすることができなくなったりします。もし物件の運用を業者にサポートしてもらうことができれば、不動産投資で資産を減らしてしまうリスクを下げられる確率を高められます。

さらに管理サービスを利用すれば入居率を高めるために様々なサポートを受けることができます。最初は入居者がいない状態からスタートしますので、宣伝をしたい人もいるでしょう。もしはじめから業者を利用すれば、アパートの紹介などを媒体を利用して行ってくれるので、スタート時からサポートを受けられます。

次の記事へ

このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。